資料

Ventana社の収益パフォーマンス管理分野における2022年調査において、Xactly(エグザクトリー)がトップ3の模範的ベンダーであると評価

独立した調査会社であるVentana社は、収益パフォーマンス管理(Revenue Performance Management: RPM)の分野を調査し、2022年のレビューと市場の予測を発表しました。Xactly(エグザクトリー)は、TCO、ROI、そしてカスタマーエクスペリエンスの各領域で第1位に評価されております。その全容をまとめたレポートをぜひご覧ください。

本レポートは、収益パフォーマンス管理(Revenue Performance Management:RPM)分野における中立的観点で調査されており、各ソフトウェアベンダーと提供される製品/サービス、そして顧客に対する全体的な価値の成熟度によって評価されています。

このレポートで、Xactlyは以下のような評価を受けています。

  • SalesforceやOracleと並び、RPM分野でトップ3の模範的なベンダーの1つである
  • TCO、ROI、カスタマーエクスペリエンスの領域で第1位 である
  • SalesforceやOracleとの製品の信頼性で第3位 である


新しい営業の形が求められてきた時代において、経営リーダーは、GTM(Go-To-Market)戦略を再考し、組織のサイロを排除してチームをまとめ、より連携されたレベニューサイクルを実現するレベニューオペレーション(RevOps)を実践しています。

先進的な企業では、部門横断的な統合と意思決定を実施するために、インテリジェンスの高いアプローチを採用しています。 「次世代の経営(営業)リーダーは、将来の収益を精度高く予測する必要性を理解し、それを実現するプロセス構築に注力しています」と、本レポートでは言及しています。

企業がこれからどのようにアクションすべきかという以下のポイントも本レポートからご確認ください。

  • 新しい市場開拓(Go-To-Market : GTM)戦略を社内で拡げるためにRPMをどのように活用していくか
  • 継続的な収益獲得を実現するために、どのように内部プロセスを更新していくか
  • 全社的な戦略と成長を実現するために、どのように営業活動を変革してくか
  • これまでの人力に頼る計画立案や社内プロセスから、どのようにAI/ML機能を活用した自動化を進めていくか
  • 変動する市況に対応するために、どのように収益パフォーマンスを継続的にモニタリングしていくか
  • RPMのトレンドに合わせた社内プロセスを変革していくために、どのように経営リーダーは備えていくか

 

ぜひ本レポート(日本語)の全体について、ご登録の上ダウンロードしてご覧ください。

お問い合わせ

Xactlyのソリューション、デモやお見積りに関しては、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ